• 耐震偽装、政治主導で対応策の検討加速・公費負担の範囲で苦心(日経)
    国・地方自治体が不法行為を働き、損害に責を負うのであれば、それに応じて損害を賠償するのは問題ない。裁判で粛々と、あるいは判例が豊富なら和解して支払えばいい。しかし国・地方自治体の責任は脇に置いて、“かわいそうだから”補償するというのは私有財産制を著しく傷つける行為である。自己の選択の結果は受け入れなければならない。各プレーヤーが自己責任でリスクを取って便益を追求するのが自由経済の大原則であり、それを...

プロフィール

Paston

アービトラージ型成長しかできないモノマネ経済(低収益社会)を脱するには確実性幻想の減殺が必要。

月別アーカイブ