• 居住の自由と安全確保は背反するか
    「低地、海辺に住んでいた方々にここから先は住むのはやめてくださいという条例を作る可能性は出てくる」(阿久津幸彦内閣府政務官)内閣府政務官、水没地の居住を控える条例も(日経)居住の自由や土地所有・取引の自由と安全を含めた集落機能を確保することは本来背反するものではない。コミュニティー外部からの規制や援助による歪んだインセンティブが働かなければコミュニティーとして自立しえない場所に集落は成立しないし、...

プロフィール

Paston

アービトラージ型成長しかできないモノマネ経済(低収益社会)を脱するには確実性幻想の減殺が必要。

月別アーカイブ