• 規制当局による監督は有益か
    投資顧問への監督強化検討 岡田副総理、AIJ問題で(日経)AIJの投資実績が怪し過ぎるという話が業界誌に出るくらいであれば、プロ投資家たる年金基金が使い続けるのは極めてimprudentであり、結果は負うべき。日経新聞は銀行と違って免許制でないと強調しているが、登録制であっても大和都市管財事件のようにimprudentな投資をした人を税金で救済する判決がありえるのが不安なところ。「問題が再発しないように国がしっかり」...
  • 「サービス」の対価
    「サービスです」が無料を意味することが象徴するように、サービスに対価を取る供給側の意識が低すぎる。当然の帰結として需要側もサービスに対価を払う習慣はほとんどない。”抜群のおもてなし力”で日本のサービス業が世界に通用するという論があるが、“おもてなし”は対価を取れていない。それはビジネスではない。サービスの塊であるホテルの収益性が日本は低い(労働者報酬が高いわけではなく客単価自体が低い)。過剰スペック・...
  • オリンパス新体制、銀行主導の人選
    ・「非常に銀行寄りの、銀行主導の人事」・銀行側の利害がすべての株主の利害と一致しない・「最大債権者である三井住友銀行と少数株主の間で利害が衝突」・「取締役会は1人のためではなく全株主の利害を代表すべき」Fears over bank’s role in Olympus shake-up(FT)企業統治に問題があったというのに、似非「外部」取締役の典型たる取引銀行出身者を会長にするとは。融資先に役員を入れるなら融資は出資として扱い他の債権に劣...

プロフィール

Paston

アービトラージ型成長しかできないモノマネ経済(低収益社会)を脱するには確実性幻想の減殺が必要。

月別アーカイブ