東京電力は法的整理をすべきか?


「東京電力の負担による、上限を設けない補償」という形を政治的に決めた以上、法的整理を避けるのは必然。

しかし株主資本がなくなる前に債権が棄損しないのも法理。
賠償債権を守るために法的整理は避けるのに、金融機関に債権放棄を促す「いいとこ取り」はできない。

他の選択肢である
・賠償責任を(支援なしで支払い可能なレベルで)有限にする
・賠償責任を無限にして法的整理をした上で、国が被害者に直接補償
を避けた以上、
・国が無限にサポート(全債権を全額保護、株式価値は長らく0近辺)
しか手はない。

コメント

非公開コメント

プロフィール

Paston

アービトラージ型成長しかできないモノマネ経済(低収益社会)を脱するには確実性幻想の減殺が必要。

月別アーカイブ